外交

【藤井厳喜氏】豪州 ソロモン諸島に188億円支援 中国の拡大阻止へ【虎ノ門ニュース】

アメリカが台湾は国であると実質的に認めた

【居島氏導入】
2019年6月3日付けの産経新聞の記事を一部割愛してお伝え申し上げます。
オーストラリアのモリソン首相は3日、訪問先の南太平洋のソロモン諸島でソガバレ首相と会談しました。ソロモン諸島は台湾と外交関係がありますが、4月の総選挙で新首相に就任したソガバレ氏は中国との国交樹立を検討しています。
モリソン氏の訪問は地域で中国の影響力拡大を阻止する狙いがあると見られます。
オーストラリア首相府によりますと、モリソン氏は太平洋島嶼国の平和的な独立と主権のための支援を表明。今後10年間で2億5000万豪ドル、日本円にしておおよそ188億円の経済支援やソロモン諸島首相府の建築補助などを約束しました。
モリソン氏は5月27日の声明で「太平洋諸国は豪州の戦略的展望の中心であり、前線だ」と強調していたということです。

【藤井氏】
これはとっても大事で、もちろんオーストラリアに任せるだけでなくて日本もアメリカも一緒にやっていく(支援していく)ということ(が大切)です。

2019/6/19(水)【 虎ノ門ニュース】 インド太平洋戦略レポート


第一列島線の問題もありますが、西太平洋のこの島々にチャイナの海軍基地でも作られたら大問題なんでしっかり抑えていかなければいけないんですよね。
それで、参照していただきたいのが、6月1日に出ましたアメリカ国防総省が出しましたこのレポートです。インド太平洋戦略レポートと言うんですが、これはいくつも注目すべき点がありまして、まず拉致問題についてです。

2019/6/19(水)【 虎ノ門ニュース】

拉致問題についてはっきりと「日本政府が北朝鮮に対して、拉致問題を完璧にコンプリートリー (completely )に解決しなければいけない」という立場をアメリカ合衆国が支持しますというのを短い文章ですけどはっきり書いています。これはアメリカが公式文章で活字にして拉致問題についてはっきりと言った初めてのものです。
これは非常に大事なことです。
拉致被害者を救う会の島田さんも「これは初めてだ」とおっしゃっていました。

2019/6/19(水)【 虎ノ門ニュース】

それからいいのはね、これは国防総省のレポートですから、一番はじめに出てくる外国の防衛大臣が岩屋防衛大臣ですよ。隣に居るのがシャナハン国防長官代行です。
これが一番初めの外国の防衛大臣との写真ですよ。

2019/6/19(水)【 虎ノ門ニュース】

それから、台湾です。台湾については「今後、防衛関係、協力関係を強化していくインド太平洋地域の」としてシンガポール・台湾・ニュージーランド・モンゴル共和国を挙げているんですが、このことを「All four countries」と書いてあります。ということは台湾はもう country 、つまり国なんです。
地域を意味する「region(リージョン)」とも「 area (エリア)」とも書いてないんですよ。後は、モンゴルは基本的に新ロシアの国なんですけれども、モンゴルとも関係を強化して行きたいとしています。モンゴルは国連PKOでものすごいがんばっていて、優秀であるとしています。
だからこれは日本にとっても非常に大事なレポートです。

それから関係して言わせていただきたいのですが、最近、イージス・アショアに反対するということで反対派にこういう事を言う人が居るんです。
「秋田県と山口県になぜ置くのか。それは秋田県に置くのは北朝鮮の例えばミサイルでハワイに飛んでいくのを防ぐためなんだ。山口県に置くのは(例えば北朝鮮のミサイルが)グアムに飛んでいくのを防ぐためなんだ。だからこれは日本の防衛の為じゃなくて、アメリカの防衛のためにやってんだ。だからこんなものは反対だ」
というとんでもない事を言うですけど、( イージス・アショア を置くのは)日本を守るためです。
秋田県でも反対とか言いますが、防衛兵器で飛んでくるミサイルを打ち落とす兵器を置いておくと、周りの地域がより安全になるじゃないですか。
「ほかの地域には悪いけど家の所が一番安全よ」って言うことです。
それを( イージス・アショア 設置に反対する)為にする反対論はおかしいし、ハワイを守るのは悪い事なんですか。日米同盟でわれわれは兎角アメリカから安保ただ乗り論を言われますが( イージス・アショア を設置してハワイを守れば)「そうじゃない。アメリカも日本を守っているけど、日本も(ハワイの方にグアムのほうにミサイルが飛んでかないよう)に、アメリカを守っているんだ」と言えます。これで日米の対等の日米関係ができる訳じゃないですか。
だから、それに反対だっていうのはまったく理解できないですね。
ポーランドなんかは イージス・アショア を置けると言うんで本当に国民が狂喜乱舞していると言うか「これで大丈夫だ」とアメリカ軍が1000人も増派してくれたしね。ほんとにこれでロシアの脅威に対して対抗できると喜んでるのに、日本はこれを反対するとは…。しかも防衛兵器ですよ。置くのに反対してるというのはまったく理解できません。
アメリカの防衛にも協力してどこが悪いんですか、同盟国なんだから。日本人も堂々と「我々は守られてるだけじゃないんですよ。アメリカを守ってるんですよ」と言えます。より日本とアメリカが対等に近づくいい段階、いい方策ではないですか。私はそう思います。

【個人的感想】
台湾が国としてアメリカに認知されたことは非常に喜ばしい。早く日本も台湾を国として認めて、国交を樹立してほしい。
そして、十分にシーレーンを守って、日本の安全を守って豊かな日本を次世代に残していくようにしなければ、ご先祖様に申し訳が立たない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です