虎ノ門ニュース

【上念司氏・大高未貴氏】封印されていた万世一系の紡ぎ方〜東久邇宮盛厚〜【虎ノ門ニュース】

【封印されていた万世一系の紡ぎ方/大高氏解説要約】2019年4月12日

①週間新潮の見出し

大高氏
御皇室を存続させるための法先についての話です。
今、おそらく(皇室を廃する為の)熾烈な戦いがメディア含めて行われていると思うんですけど、例えば昨日(2019年4月11日)週刊新潮で発売された記事なども、大見出しで愛子天皇待望論(①)が出てるんですね。(書き起こし者注:大高氏の含意として女性天皇から女系天皇に続く流れにつなげる動きなのではとの意図を感じる)

上念氏
別に愛子内親王殿下(が天皇にご即位されても)でもいいですよ。女性天皇ですからね、女系天皇ではないですからね。愛子内親王殿下のお子様が天皇をやってしまうと(女系天皇になるので)問題ですけどね。(書き起こし者注:昨今の皇位継承が女性ではできないのは男女差別のであるとの風説が流布されている件に配慮して正確な状況把握の為の発言と思われる。)


大高氏
女性天皇を議論する前に封印されていたことを発表させていただきたいんです。この内容は先日、国民民主党の大塚耕平議員が参議院の財政金融委員会で質問しています。ただ、大塚議員が家系図などを出せなかったので質問だけ聞いててもわかりにくい方もいるかと思って、ちょっとフォローさせていただきたいなと思います。今、皇位継承権で考えられいているのが秋篠宮家と徳仁皇太子殿下(のお家)の2つです。そうすると、必然的に先細りといっては何ですけれども、もし、悠仁親王殿下にもし、男子がお生まれにならなかったときに、ここで(皇室が)終わるという懸念が長年ありました。そのため、女性宮家の創設とか、いろいろな案が出されてきたんですけれどもその案を吹き飛ばすような発見を2年前に近現代史家の水間政憲さんが発見されました。水間さんが何を発見されたのかというと、「ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実」を読めばすごくよくわかるのですけれども、簡単に説明すると、水間さんも2年前に偶然発見したそうです。明治以降の皇室の家系図を正確に知りたいとの動機から、調べていたところ、明治天皇のお孫さんの東久邇宮盛厚親王殿下に昭和天皇の長女であられた、成子内親王殿下が嫁がれていました。そこから、3名の男子がお生まれになっています。この3名は皇籍復帰すれば皇位継承権があります。さらに、悠仁親王殿下のまたいとこにあたられる5名の男子がおられるんです。

上念氏
ということは、全部であわせ6名皇統を継いでいる方がいらっしゃるということですね。(おそらく
悠仁親王殿下 と同世代でという意味)もともと、東久邇宮家が男系の御家系(明治天皇の孫に当たる)なんで、そこに昭和天皇の娘さんが嫁いでいるので、昔でもこのパターンはよくあるらしいんですよ。女性宮家ってこれのことってとぼけて言う人も結構いるぐらいで、よくあることなんです。歴史的にもよくあることなんです。

大高氏
もともと(敗戦時に)GHQは将来的に皇統の断絶を画策して11宮家を皇籍離脱ということで皇籍を剥奪したわけです。それを戻すとなると皇室典範改正とかどうのこうの言う方もいるんですけれども、東久邇家を皇室に戻すことは特措法でできる話なんです。
この話は、2年前に発見されて、宮内庁も知らなかったようです。いったい宮内庁は何をやっているのかというところですが、知っていても公表しなかったのかもしれません。だから、封印されていたのではないか、と水間さんはおっしゃっていました。
この内容をこの間、大塚議員が話してますのでVTRでご確認ください

VTR(大塚耕平議員 皇太子殿下より天皇の血が濃い男系男子の存在を指摘YouTube)

大高氏
この大塚議員の質問の後に週刊新潮で先ほどの記事が出されていて、八木秀次教授のきちんとしたコメントも載ってるんですね。「 皇位の安定的な継承と女性宮家とは同列ではありません。後者(女性宮家)は様々な案のうちの1つとして、政府が検討するに過ぎない。総理自身、皇位はあくまで男系男子で継承されるべきだとの考えでこれは今も変わっていません。」というコメントも載せてはいるんですが、この記事を書いた記者が、大塚さんのあの質問を聞いたのかどうかわからないですけれども、御所の事情を知る関係者というよくわからない人のコメントとして載せてる内容なんですけど、「皇籍離脱から70年余り、旧宮家の血を継ぐ男性たちが世俗の塵にまみれた後戻ってきて、果たして国民の目に世襲と映るでしょうか。典範改正という高いハードルは置くとしても、どちらが憲法に馴染むかは一目瞭然」

上念氏
(皇籍離脱されていた元皇族方を皇族に)戻した方が言いに決まっています。一目瞭然です。何を言っているんでしょう。

大高氏
そうですね。ただ記事の意図は逆のこと(女性宮家を作ったほうがいい)を誘導したかったんではないかなと私は読んだんですけど、基本的に戦後70年もたってGHQの言うことを引きずらなくてもいいじゃないですか。日本の医師で、日本人のコンセンサスで皇室を男系で維持していくことが可能なら、その方策をとって何が悪いんだって話です。

これも興味深い話で大塚さんが水間さんに連絡して言わせたんですかって聞いたんですよ。そしたら偶然だったということです。たまたま3月18日に菅官房長官が「女性宮家」法案の実現を新天皇即位後速やかに議論と予算委員会で名言されて、水間さんとしては「(功績離脱した旧皇族には男系男子がいることを知っていたので)女性宮家法案の実現の前にやることがあるだろうと、直ちに特措法で東久邇家を皇籍に戻して皇族になっていただくということをやるべきだ」と思っていたそうです。たまたま、翌日(3月19日)、別件(北方領土に関する情報提供)で水間氏は大塚議員と会う予定があったそうです。水間氏は北方領土関係の資料を大塚議員に渡すついでに、昨日の菅さんの発言があったけれども、実は績離脱した旧皇族には男系男子がいるんだといって本を持っていって説明したところ、大塚議員が驚いて、水間さんも知らないのに翌日(3月20日)財政金融委員会で大塚議員が実は績離脱した旧皇族には男系男子がいることを取り上げたということです。しかも、国会で取り上げられた日に東久邇信彦さんがご逝去されました。だから、水間さんとしてはこのタイミングはすべて、何らかの国体を維持するための天の意思が働いたとしか思えないということおっしゃってました。

赤丸が血統的に皇位継承が可能な方々
(東久邇信彦さんはご逝去)

上念氏
イギリスでは、王位継承権百何十位とかまであるんですよ。一般にサラリーマンやってる人も自分の前の人がすべて亡くなったら王様になりますって人がいて、それはなぜかというと、(テロリストや国体破壊を目論む連中に)いくら暗殺しても無駄だぞ、イギリスの国体は絶対に守れるからな、これ全員殺すの無理だろ、ということでやっているわけです。今、特措法で皇籍復帰見たいな話もありましたけど、私はやり方はいろいろあると思うんです。悠仁親王殿下が大きくなって結婚した女性が子供を10人産むかも知れない、そして10人の内5人が男性かも知れない、そのときは男系宮家5家できるわけですから、そういう(宮家がたくさんできる可能性)のも考えておく必要があります。(血統的に)皇位継承権がある方をリストにすると皇太子殿下、文仁親王殿下、悠仁親王殿下、東久邇秀彦さん、東久邇眞彦さん、 悠仁親王殿下のまたいとこの男子5名で10人になります。これを(東久邇家を皇族に復帰しなくても、もし万が一のときはリストの中で継承順位の高い方に皇位を継承していただくという)リストを作っておくだけでも全然違いますよね。

大高氏
100年安心ですね。

上念氏
もし万が一のときはこの順番で皇位継承を行いますという、リストを毎年更新していけば、100年安心ですね。毎年といわずとも、どなたか無くなるまでは(公表したリストで)もうそのままずっといくと決めとけばいいわけですよね。そのときに初めて皇籍復帰云々って話をしましょう。継体天皇の例もあるように臣籍降下していった人が皇籍復帰して天皇になるというのは歴史上何回かありましたから、別に前例がないわけじゃないんで、国体を守る上では問題ありません。そう考えると、万世一系を維持するために、リストくらい作ってもいいと思います。
皇籍復帰の話を潰したい側は今すぐ皇籍復帰という話に摩り替えて、話を潰したいんだと思います。今すぐ(皇籍復帰は)しなくてもいいんだけど、万が一のときはという、保険リストで、人数だけ言うんですよ「今何に登録させていただきました。誰かは言えません。暗殺の危険があるんで」というのはどうでしょう。今はなしを聞いて思いついたアイディアですけど、それがあるだけで、全然違いますよね。今のままだと、皇位継承権を持つ方が3人しかいませんけど、東久邇家を入れると10人になりますから安泰になりますよね。
リストを持っておくこと、それを政府が公認することが一番大事ですね。今すぐ皇籍復帰しちゃうと予算の問題とか、いろいろ面倒ですけど、万が一のときはこうしますと決めておくことは重要です。リストの中方を準皇族みたいな形で、今は平民たってますけど、万が一のときは皇籍復帰します、宮家作ります、というようなことにしとけば安心ですよね。ましてやそれが(竹田恒泰氏は皇位継承順位百何位かであるとの話を受けて)百何人いたら万世一系安心ですね。

大高氏
いろんな反日活動を取材していてしみじみ思うのは、いかに諸外国が日本の皇室を解体したいかという、その運動の延長線上といいますか、例えば慰安婦問題にしてもアメリカではインペリアル・アーミーのセックススレーブって言葉を使って皇室を貶めてるし、そういう、反皇室のイデオロギー中にって言うのはものすごいあるんですよね。だから、日本人が思っている以上に諸外国の皇室を解体するための策謀というのが日本のメディアにも入り込んでると思います。

上念氏
逆に言うとここ(皇室)を守りきってしまうと、反日勢力は攻撃できなくなるんですよね。そういう意味で言うと、マッカーサーの時限爆弾といわれていたものが、実は大したことなかったんではないかってことですね。少なくとも、リストを作ってしまえば皇統が途切れる心配はなくなりませんか。リストのアイディアは今回の話を聞いての思いつきなので、もっといいアイディアがあったら議論してほしいんですけど、皇籍復帰云々の前に皇籍復帰させるかも知れない人リストを100人ぐらい作る。万が一のときは上から順番に皇籍復帰などをやっていく。で宮内庁の匿名情報で「そんなの国民は天皇と認めるのでしょうか」とかありましたが、そんなものは認めるでしょう。なぜなら、前例があります。前例があるということをみんなが共有すればそれで、納得するじゃないですか。
2000年も続く万世一系ってどの国も持っていないのでそれに対するジェラシーってすごいんですよね。例えば、アメリカン人ってイギリスの王室のゴシップ大好きなんですよ。おばちゃんなんか特に。それはアメリカに王室がないからですよ。だから、日本のエンペラーのこともあんまり知らないのですごい興味を持ってよく聞かれます。そういう意味で日本はここさえ守りきれば、国民はいますから、天皇と国民の関係でずっと2000年やってきてるんで、天皇さえ残れば何とかなるのかなとって言うところですよね。

ちなみに男女平等の世の中に何で男系男子なんだという話がありますが、まず、歴史的には天皇になるのは男系男子でなくてもいいんです。男系女子も天皇になっていますね。推古天皇とか女性で天皇の方はいますから。そこで差別はしていないよって話です。
次に、何で男系なんだって話なんですが、それは2000年これでやってきたからです。2000年たれを継ぎ足し継ぎ足しやってきたのを新しいたれ作るって言われても、だめでしょとそういうことですよ。だから、2000年これでやってきたんだから、男女平等とかそういう概念が生まれる前からやってきてるんで、最近できた概念は(こと皇室に関しては)関係ないです。また、この仕組みのすぐれている点は天皇になるためには男系の血を持っていないとだめなんですよ。その瞬間にぜいぜい天皇になれるのは100人なんですよ。ざっくり1億分の100です。そうすると、政治的な争いが、天皇になれないから、天皇の手前で終わります。政治的な争いは(昔は)貴族とか武家が権力闘争して最終的に勝ち残った人が天皇のところに言って「私が天下静謐治めてまいりました。よろしいでしょうか陛下」って言うと「どうぞよきに計らってください。私祈るのが忙しいんで、そっちはお任せします」といって天皇陛下は祈りに行ってしまうわけですよ。365日ずっと祈ってるわけですから。この祈りは天皇本人がやらなければいけなくて、夜中の3時スタートみたいなむちゃくちゃなやつがたくさんあります。それを85歳というご高齢でされている天皇陛下すごいとおもいますけど半端じゃなく急がしいんですよ。きついからやめようかって言うと「2000年やってきたのにやめちゃうんですか」みたいな話になって、どんなにしんどくてもやらなければということでやれれてるわけです。だから、世俗の権力闘争は勝手にやって、昔は力と力のぶつかり合い、今は選挙で勝った人が内閣を組織して、陛下は「よきに計らえ、祈るのが忙しいので戻ります」って具合で、天皇陛下は祈りの戻るんですよ。これを繰り返してきたわけで、それをするためのシステムなんですよ。お祈りするのは限られた、皇統を継いでる人しかお祈りはできませんというルールで2000年やってきたんで、それが正しいか間違ってるのか、ではなくて2000年それでやってきてここまで持ったわけですよ。元寇来ても何とかなったし、大東亜戦争のあの後も何とか乗り切ってきたわけです。ってことはこれを続けたほうがいいと思います。そこをまず理解することですよ。

大高氏
諸外国の王室とはまったく違って、日本の皇室は一種の祭祀王ですから

上念氏
政治権力はとっくになくなってるんで、私いつもアメリカ人に説明するときに、ポリティカルパワーは千数百年前にすでになくなってる。それ以降はずっと、ひたすら祈りをささげてきただけだと説明しています。
あえて、言うと、(欧州の概念で)一番近い存在はローマ教皇かもしれないです。神聖ローマ帝国があれば神聖ローマ帝国の皇帝とローマ教皇の関係は天皇と将軍や内閣総理大臣とかの関係に近いですけど、まるっきり一緒ではないです。ローマ教皇は(日本的な)万世一系ではないですし。

大高氏
ローマ教皇はずっと男性でしょ。だから、女性天皇を容認しない、男女差別だとかナンセンスな議論なんですよ。女性宮家の議論をする前に旧皇族が復帰できる法律の整備が必要だと思います。

上念氏
ちなみに、ローマ教皇の万世一系じゃないというのは、日本的な万世一系じゃないって言う意味でローマ教皇的なロジックでは万世一系なんですよ。ペテロの指輪って言うのが有名ですけど、キリストが死んで復活したときにペテロに三度問うわけです。「あなたは私を愛しますか」と「もちろんですよキリスト様」ってペテロが言ったら、「ならば私の子羊を導きなさい」といわれてペテロが後継者になりました。そのペテロからずっと指名されてつないでるんで万世一系という体にはなってるんですけど、日本とはちょっと考え方が違うんですよ。

【個人的感想】

皇室に関しては末永く続いてほしいし、末永く続けるための全ての方法を実施すべきだと思うので是非ともリストの作成も行ってほしいし、できることなら旧宮家の皇室復帰も行ってほしい。
そして、安倍総理にはそれを実施できる政治力を保つために経済政策をしっかり実施してほしい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です