ニュース女子

【ニュース女子】なぞのベールに包まれた公安警察

【ナレーションVTR】
2019年3月9日読売新聞の片隅にこんな記事が掲載されたのをご存知だろうか
”警視庁公安部などは過激派・中核派の拠点、「前進社」の免状不実記載容疑で捜索した”
この前進社とは警察庁が極左暴力団集団に指定している中核派の出版部門で実質的な活動拠点だ
今回捜索されたこの建物、中に入ると壁一面、敵対する警察官の顔写真が張り出されていて、複数の監視モニターが並んでおり、そこには10代から80台までの活動家、およそ100人が共同生活をしながら日本での暴力共産主義革命の機会を窺っているんだって。
そんな危なっかしい前進社を許すまいと80mほど離れたこの場所から24時間・360日体制で監視しているのが、今回捜索を行った警視庁公安部いわゆる公安警察だ
この公安警察はドラマでよく見る殺人犯などを捜査する刑事警察とは違い、政治団体や外国勢力など反体制的な運動や組織を捜査する、スパイ捜査専門の警察官。
公安がマークするのは、今回の中核派など極左暴力集団をはじめ、カルト宗教、大衆運動、右翼団体、外国勢力の関連団体、そしてもちろん共産党までさまざまな団体のデモや集会にひっそりと潜入するという。
また、公安警察の任務は極秘裏に進められることが多く、同じ警察官同士も実態を知らないものがほとんどで、もちろん家族にも職業を明かさないという謎に包まれた超秘密部署なのだ。
さらに、警察官の中でもエリートのみが抜擢され、95年に狙撃された國松孝次元警察庁長官や、元警察官僚の亀井静香氏なども公安経験者だ。
そんな公安警察についてかつて追われる側だった元共産党No.4筆坂さんは「公安の警部と警部補と一緒に飲んだことありますよ。」どうでした?との質問に対して「いや、、、ぜっ全然別に、、、もう、ほっ、ほ、何もないです・・・」あからさまに怯えて口ごもるほどだ。
そんな謎多き公安についてもっと知りたい。と言うことで、今回ゲストに来ていただいたのが、もと警視庁警視で作家の江藤史郎氏。江藤さんは1982年に警視庁に入庁後、程なくして公安に配属。内閣情報調査室に移動するが、再び公安に配属された生粋の情報マン。
そんな江藤さんに知られざる公安の仕事内容とは、今公安がマークする危険な組織はどこなのか、などなど謎のベールに包まれた公安警察についてじっくりスタジオで伺います。

『ニュース女子』 #209

【上念氏】
いろいろと江藤さんにこれからお伺いするんですけれども、まず、警察の組織図を見てみましょう。江藤さん、解説していただいてよろしいでしょうか。

【江藤氏】
上は警察庁、下は警視庁ですね。警察庁というのは全国警察をチェックする機関で、いわゆる行政機関の1つです。警視庁というのはいわゆる東京都警察なんです。神奈川県警だとか、大阪府警と同じです。その中に警察庁と同じような形でこれだけ部門があるんですけれども、公安部というセクションがあるのが警視庁だけなんです。

【質問】
東京でしか活動できないということですか?

【江藤氏】
全国一体の原則というのがありまして、公安はまったく(県などに)関係なく、どこに行っても活動で着ます。

【質問】
本庁の方にはどうして公安という文字は使わないんですか

【江藤氏】
警備局の中に公安課もあります。

【質問】
その公安課(警察庁警備局公安課)とこちらの公安部(警視庁公安部)というのはまた別物なんですか

【江藤氏】
同じです。

【質問】
(公安課と公安部は)連携を取って活動しているということですか

【江藤氏】
そうですね。ただ、警備局の方に警備企画というのが出てますけれども、そこが全国の公安情報と言うものをすべて総括しているところなんです。

【質問】
警察庁の警備局企画課には表の理事官と裏の理事官がいるといううわさなんですけどこれは本当なんですか。

【江藤氏】
ですから、(公安情報は)裏の理事官と言うのの直轄なんです。さっき、亀井静香さんが出てましたけれども、亀井静香さんももと裏の理事官だったんです。

【質問】
表向きは何になっているんですか

【江藤氏】
表向きは全国の警備警察の監視とか指示をするんですけれども裏のほうは情報を一手に握っています。

【上念氏】
警察庁の警備局が頭脳と、警察庁とか各県警にある公安部とか公安課が手足で動く実働隊ということなんですね

【須田氏】
ただ、実働部隊を持っている数が一番多いのは警視庁公安部なんですよ。だから、どっちかと言うと警備局のほうが上のように見えているんだけれども、必ずしも公安部長は警備局長の言うことを聞かないですよね。

【江藤氏】
聞かないですね。

【須田氏】
公安部の方が実質的には上って言う人もいますよね。

【質問】
刑事さんと、公安がタックを組んで一緒に捜査すると言うことはないんですか。

【江藤氏】
たまに、知能犯の詐欺事件とか国会議員が絡んだ事件であるとかいうときは、地検の特捜部と公安が動くことはありますよ。

【感想】
では仲がいいと言うか連携はちゃんと取れてるんですね。
なんか仲が悪いイメージがありました。

『ニュース女子』 #209

【上念氏】
さらに警視庁公安部の内部ではマークする組織によって細かくチームが分かれているということです。江藤さんのいらっしゃった公安総務課は、日本共産党・思想家の一部・旧オウム関連・デモ・市民運動をマークしていたと言うことで一番バリバリのところです。

【質問】
朝日新聞はどこが見るんですか

【江藤氏】
朝日新聞は総務課と1課ですね。

【須田氏】
この表には載ってないんですけど、さっきVTRで出てきた中核派ってあるじゃないですか。中核派って言うのは公安1課なんですよ。公安2課って言うのは革マル派、どちらかと言うと公安2課は諸派といって小さいグループの過激派組織を見てますね。

【質問】
中核派のほうが大きいんですか

【須田氏】
1課は中核派と革労協の大手のほうですよね。

【江藤氏】
ただ、2課の対象はお金を持ってるんですよね。

【カズヤ氏】
中核派なんて最近YouTubeチャンネルやってますからね。
前進チャンネルって名前言わないほうがいいのかもしれませんけど。

【質問】
どういうことをやってるんですか

【カズヤ氏】
活動家の方が毎回自分たちの活動について言ったりだとか、新しい機関紙が出たらそれを紹介するとかしてます。

【須田氏】
中核派も革マル派もそうなんだけれども、YouTubeチャンネルのような公然組織と非公然組織=秘密部隊がいるんですよ。まあ、秘匿してテロ活動をやるというね。まあ、軍事組織があって、警視庁はそういったところを中心に見られるんですよね。

【江藤氏】
そうですね。表はどうでもいいんですね。そのさっき言ったみたいに警察が「ガサ」を入れるだとか、視察すると言うのは、その中(公然組織)から時々消えていくやつがいるんですよ。表の部隊から地下に潜る。その人をチェックしていくのは大事なことですね。

【質問】
公安て基本的に泳がせて泳がせてって、捕まえるのはまた別で警察とかが捕まえると言うことなんですか

【江藤氏】
確かに泳がせる部分もあるんですけれども、いつまでも泳がせても仕方ないんですよ。
公安の場合犯人を捕まえることよりも組織を潰す事が大事ですから、組織さえ潰してしまえば、もう何もいらないです。

【質問】
具体的にはどんな仕事内容をしているんですか。情報なんかはどこから得ている感じなんですか

【江藤氏】
幅広いですよ。ですが先ほど言いました様に公安は全国一体の原則であり、各シマが決まってませんから国会議員に会ってから1時間後にやくざに会っても平気なんですよ。

【質問】
みんな朝出勤してどういう仕事をしていますか

【江藤氏】
原則出勤時間も退社時間もないです。デスクをやってる人間は別ですけれども。隣の人間が何をやっているかわかりません。

『ニュース女子』 #209

【上念氏】
こういう公安なんですけれども日本共産党のホームページに説明があるらしいのでちょっと見てみましょうか。
Q公安警察と言うのがあることを知りました。どんな役割を持っているのですか
A公安警察は(略)
民主的な団体・個人のまったく正当な活動にたいし張り込み・尾行・ビデオ撮影・スパイ工作・文書窃盗・電話盗聴など違法なスパイ活動を行っています。(略)日本共産党は違憲、違法な公安警察の廃止を求めます。
共産党が敵視していると言うことはこれは必要な組織なんじゃないかなと私は思うんですよね。
これいかがですか

【江藤氏】
まあ、国会でも警備局長が答弁しておりますけれども、共産党を警察が視察する理由って言うのはいまだに共産主義革命をやってる。これまでの歴史を見ても革命と言うのは結局、最終的には(政権を)暴力で倒すしかないわけで、だから暴力で革命を起こすんだったら、こちらもきちんと暴力を起こさせないようにしないといけないんですよね。

【上念氏】
やっぱりまだ革命を狙っているんですか。お年寄りばかりで無理だと言われてますけど。

【江藤氏】
それでも地方議員は一番多いわけですけらね。自民党よりも多いわけですから。

【武田氏】
共産党は暴力革命以外にも共産党が政権を取ったら国民を虐殺するからね。だから、まあ、注意団体ですよね。

【江藤氏】
公安調査庁が見てるって言うのが公安調査庁(が見てるの)は破防法適用団体しかないわけですよ。破防法は破壊活動防止法ですから。だから破壊活動防止法の対象の団体の可能性があると公安庁はまだ見ています。

【上念氏】
藤井さんから見てどうですか

【藤井氏】
(法務省の外局の)公安調査庁と公安警察の関係はどうなんですか

【江藤氏】
何人か警察庁から警視クラスが公安調査庁に言ってますから…。
ただ、公安調査庁から来ることはないんですよ。

【須田氏】
言いにくいだろうから言いますけど、仲が悪です。邪魔ばっかりしやがってと公安は思っていると思います。

【質問】
文章の窃盗だとか、電話盗聴だとか書いてますけど、やっぱりやっておられるんですか。

【江藤氏】
昔のことですね。電話盗聴と言うのはおそらく共産党さんが昔m神奈川県警がちょっと間違えてやっただけです。

【質問】
どう間違ったら盗聴するんですか

【江藤氏】
方法を間違えただけです。

【須田氏】
盗撮とか盗聴とか言わないんですよ。秘撮ていうの秘密裏に撮る。秘密裏に聞く。だから盗聴とは言わないんですよね。

【江藤氏】
ていうのは、電話は法律的にちゃんと令状を取れば聞けるようになってます。

『ニュース女子』 #209

【上念氏】
まだまだやばい団体がたくさんあると思うんですけれども、番組のほうでやばい団体をリストにしてくれたそうなのでご覧ください。公安警察が逮捕・捜査・聴取を行った組織と言うことで、一応実績ありなんで、どうですかこれ。

【江藤氏】
まあ、当たってますけれど、宗教のひかりの輪、山田、それから、アレフはみんな元オウムですからね。

【上念氏】
○○(ピー音)のなかに沖縄の過激な反基地闘争を指導したディレクターが居たりするんですけどこういうのも監視されてるんですか?

【江藤氏】
もちろんしてますし、今の沖縄の反戦とか反基地運動をやってるのはほとんど表に出た極左の連中ですから、極左の職務に踊らされてるのもいっぱい居るなという感じです。

【上念氏】
たとえば沖縄の反基地運動に入っている外国人とかも(マークしていますか)

【江藤氏】
いっぱい居ますね。現地に行くとハングルがいっぱい書いてありますからね。

【カズヤ氏】
実際に外国人の逮捕者も出てますからね。

【質問】
公安総務課だけで何人くらい居るんですか。

【江藤氏】
総務課だけだと500名くらいです。警視庁の公安部だと2000人ちょっとです。

【上念氏】
これ驚いたのがパナウェーブ研究所がいまだに監視されていることです。

【須田氏】
公安にとっての最大の失点と言うのはやっぱりオウム真理教事件なんですよ。
オウム真理教のあの武装化を察知することができなかった。あのテロ行為を阻止することができなかった。これが公安にとってものすごく大きな十字架になってるんですよ。
実を言うとパナウエーブ研究所って言うのもかなり危ないところで公安サイドの認識は下手をすると暴走するとオウム真理教になりかかってるそういう認識で相当危険視していたことは間違いありません。

【上念氏】
(パナウエーブ研究所は)鉄塔のネジを抜いちゃうところですよね。

【江藤氏】
それもありました。

【須田氏】
(パナウエーブ研究所は)電子は攻撃を受けているということで、白い装束を着ている人たちです。

【武田氏】
松本サリン事件を公安が止められなかったのは何でですか
あれが一番ポイントですよね。

【江藤氏】
そうですね。あの時、先に長野県警の刑事が入っちゃたんですよ。それでこっち(公安)の動きは止められてしまいました。あの時、上九(上九一色村?)で鎖(サリン?)を作ったりもしたし、当時は公安も知ってたんですよね。オウムがやったと言うことも全部わかってて、ただ、その意思が本部長につながらなかったんです。

【上念氏】
所轄が入っちゃうともう入れないんですか

【江藤氏】
所轄が入ると捜査一課が入っちゃうんです。

【質問】
じゃあ、結局、警察との連携が取れてないんじゃ…。

【江藤氏】
県によって違うんですよ。

【質問】
仲が悪い県もあると言うことですか

【須田氏】
いいえ。すべて仲が悪いです。だから、基本的に情報の共有をしないんです。
公安は絶対に刑事に情報を出しませんからね

【江藤氏】
いいえ、2課だけは出しますよ。

【上念氏】
リストに入っていない中でも他に何かやばい組織とかありますか
言える範囲で教えてください。

【江藤氏】
カルト集団があって家庭教師のグループとかね。家庭教師は家の中に入っていきますよね。それで教える子供に洗脳していきます。それで、子供とお母さんがまず(カルト集団に)入ってしまう。

【上念氏】
そんなのがあるんですね。ちなみにニセ有栖川って単なる詐欺じゃないんですか

【江藤氏】
それは皇室の名前を騙っていましたからね。それによって右翼が怒っちゃうんですよね。

【須田氏】
今、皇室の話が出たけれども、そういう意味で言うとね、今年は結構やばいのよ。どうしてかって言うと反天皇闘争って言うのが、かつて行われていて、前回の代替わりのときも革労協は何箇所も爆弾テロ事件を起こしたんですよ。それで、警察官さんが何人か被害者になってますよね。殉職者を出してます。
それぐらいの大きなテロ事件を引き起こしていると言う状況が(過去に)ありますし、各過激派共に天皇制に対して反対ですからね。
ですから、公安は相当ピリピリしてると思いますけどね。

『ニュース女子』 #209

【上念氏】
これらの組織がどれくらいやばいのかと言うことを解説していただくために事前に須田さんに資料を作っていただいています。須田慎一郎が選ぶやばい組織と言うことで解説お願いします。

【須田氏】
とりあえずこれを選んだ基準というのは「何か仕出かしそうだ」というのを基準に選びました。だから、やばいていう方にみんな振れています。

革マル派これはやばいんですよ。やっぱり。なぜやばいのかと言うと、さっき中核派で前進社に入ったら警察官の写真が張ってあったっていうじゃないですか。
(革マル派は)それどころじゃないです。要するに公安警察官の住所から家族構成から警察無線も常時24時間体制で傍受していた。
今デジタル無線になって(傍受)しにくくなってるんだけれども、そういうことによって情報を全部集めて公安を丸裸にしようとしているそういうのが革マル派でそれをどういう風に使うのか。
しかも(革マル派の)バックにはきちんとした表の労働組合が付いている。資金源も十分たっぷりある。

革労協と言うのは前回の代替わりのときにテロ事件を何件も起こしています。今、(革労協は)内部分裂を起こしていて主流派と反主流派で内ゲバになってるんですよ。これで10人単位で人が死んでるんです。内部崩壊をしている追い詰められた組織と言うのはやっぱりやばい。今年何か仕出かすんじゃないかなと。

そして、反天連ていうのは、反天皇制の団体なんですけどね。ただ、これがですね。過激派、旧第四インターという、あの成田空港占拠事件で出てきた組織と水面下でつながっているんですよ。
いろんな過激派とつながっていますから、自分たちの思想を実行しようとしたら、過激な行動に出てくる可能性があるということで、2019年(天皇陛下の御譲位の年)なんで載せさせていただいたということです。

【江藤氏】
反天連は地方議会に結構入ってますからね。

【質問】
アレフもまだ何かすると言うことなんですか

【須田氏】
やっぱり、洗脳が解けていませんからね

【質問】
江藤さんから見て、この中で何か問題を起こしそうな組織ってありますか

【江藤氏】
まあ、革マルでしょうね

【質問】
(話題に上がった団体は)一昔前の凶悪な団体のイメージで普通に住んでいる分には分からないんですけど、今も活動をしていますか

【江藤氏】
大学にいけばわかりますよ。各大学に行くと未だにビラ貼ったりなんやかんやしてますよ。

【須田氏】
何年か前にさっきの鉄塔のネジが抜かれたというのはパナウエーブなんだけれども、革マル派がJR東海の管轄下で鉄塔を倒壊させたと言うウワサが出てますよね。これは確証がないんだけれども、ずっと公安をウォッチしてる我々マスコミに入って聞きたと言うところです。

【質問】
何でみんなそんなに鉄塔を倒したがるんですか

【上念氏】
停電するとすごいパニックが起こるでしょ。彼らの理論では大混乱の中で革命を起こすと言うのが基本なんですよ。革マル派とか革労協とか非公然組織を持ってますよね。まあ、かつて共産党も持ってましたけど今はないことになってますけど。彼ら表向きは非公然組織はないと言うことになってるじゃないですか。でも非公然組織は完全な違法行為をやる暴力装置なわけですからアウトですよね。

【江藤氏】
もちろんそうです。

【上念氏】
よく、銃作ったり爆弾作ったりしているらしいのに手入れが入って革労協とかも捕まったりとかありますけど今でもイタチごっごみたいに続いてるんですか

【江藤氏】
やってますね。去年かな、埼玉の軍事組織一体を押さえた時に爆弾とか散々出てきました。

【質問】
どれくらいの爆弾ですか

【江藤氏】
これは、軍のプラスチック爆弾も入ってたんですよ。

【質問】
どこから持ってくるんですか。北朝鮮ですか。

【江藤氏】
いいえ、おそらく対馬経由で来てるって話がありますから。だから、今、対馬は大変なところなんです。

『ニュース女子』 #209

【上念氏】
公安が捜査する事件で迷宮入りになった大きな事件があるなんですけど知っていますか。
これです。國松長官狙撃事件ということで1995年、阪神淡路大震災の時ですね。
結局犯人は捕まらなかったということですが…。

【江藤氏】
そうですね。時効が成立した時公安部長が記者会見したんです。その中で「実はオウムでした。捕まりませんでした」見たいな話だったんですけど、それを誰も追認していないんですよ。警視総監も追認しなければ、警視庁長官も追認しなかった。公安部長が独自で言って独自で終わらせてしまったんです。

【上念氏】
刑事と公安の対立から初動捜査が遅れたと言われてましたけど

【江藤氏】
それもあったんですけれども、捜査一課が当時は地下鉄サリン事件に掛かりっきりになってましたし、人が足りなかったのは事実なんですよね。長官がやられたということで、当初、公安部が入るんですけれども、その公安のトップがちょっと出来が悪かったものですから。これは当時、オウムじゃないっていう人もいっぱい居たんですよ。実際にオウムじゃなかったんですけれどもね。

【上念氏】
もう犯人わかってるんですか

【江藤氏】
北の関係ですね。

【井上氏】
朝鮮人民軍のバッチをつけてこういう活動をすると言うのは間抜けな感じがするんですけれども

【江藤氏】
これは、自分がやりましたということをアピールしてるんです。

【須田氏】
発射したのは拳銃ですよね。あの距離で正確に当てると言うことはやはり軍で銃器の訓練を積んだものでないと不可能ですよね

【江藤氏】
相当なプロでないと無理だし、特に2発目は兆弾といって一旦地面に当ててそれから当ててるんですよ。それができると言うのは本当のプロしかできません。
オウムの中でも何人か犯人じゃないか、最後には出頭してきましたけど、その人にそんな能力はありません。今大阪でもおじいさんがわしが撃ったって言うけど、お前の力じゃ無理ということです。

【上念氏】
そういうことだったんですね。だとすると完全に逃げてますね。本国に帰ってますね。

【江藤氏】
もう帰ってますね。発生4日後にはもう帰ってましたね。

【個人的感想】

あっさりと朝日新聞が公安にマークされてると言うような発言があったけど、朝日新聞も非公然組織とかを持ってたりするんだろうか。
まあ、居もしない慰安婦をでっち上げるし、サンゴにはKYとか傷をつけるし碌な会社では無いと思ってはいたけど、公安にマークされてるとすれば、公認のヤバイ機関だな。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です